加西の弁護士による交通事故相談
  • 0790-35-9160
  • お問い合わせ

後遺障害の種類

足の後遺障害

交通事故による傷害、骨折などによって下肢(股から足まで)や足指に後遺症が残ってしまうケースが考えられます。

1 下肢の後遺障害

下肢について認定されうる後遺障害としては、以下のものがあります。

(1)下肢の欠損傷害

後遺障害等級 後遺障害認定基準
別表第2

1級5号

両下肢をひざ関節以上で失ったもの
別表第2

2級4号

両方の下肢を足関節(足首の関節)以上で失ったもの
4級5号 1下肢をひざ関節以上で失ったもの
4級7号 両足をリスフラン関節(足の甲の中心付近にある関節)以上で失ったもの
5級5号 1下肢を足関節(足首の関節)以上で失ったもの
7級8号 1足をリスフラン関節(足の甲の中心付近にある関節)以上で失ったもの

(2)下肢の短縮等の傷害

自賠責保険の実務では、後遺障害別等級表にない後遺障害に関しても、別表第2備考⑥を適用することにより、各等級の後遺障害に相当するものについては当該等級の後遺障害とするという認定を行っています。

後遺障害等級 後遺障害認定基準
8級5号 1下肢を5センチメートル以上短縮したもの
別表第2備考⑥を適用

8級相当

1下肢が5センチメートル以上長くなったもの
10級8号 1下肢を3センチメートル以上短縮したもの
別表第2備考⑥を適用

10級相当

1下肢が3センチメートル以上長くなったもの
13級8号 1下肢を1センチメートル以上短縮したもの
別表第2備考⑥を適用

13級相当

1下肢が1センチメートル以上長くなったもの

(3)下肢の機能障害

原則として自賠責保険の実務では、関節の可動域については、自動域(被害者が自力で動かせる範囲)ではなく、他動域(医師などの検査者が力を入れて動かして動く範囲)に基づいて認定されます。

もっとも、神経麻痺等によって関節が動かせないような場合には、他動域がいくらあっても自分の意思では関節を動かせないことになるので、自動域をもとに認定されることになります。

後遺障害等級 後遺障害認定基準
別表第2

1級6号

両下肢の用を全廃したもの
5級7号 1下肢の用を全廃したもの
6級7号 1下肢の3大関節中の2関節の用を廃したもの
8級7号 1下肢の3大関節中の1関節の用を廃したもの
10級11号 1下肢の3大関節中の1関節の機能に著しい障害を残すもの

(補足:関節の可動域が健側の可動域角度の1/2以下に制限されているもの、または人工関節・人工骨頭をそう入置換しているもの)

12級7号 1下肢の3大関節中の1関節の機能に障害を残すもの

(補足:関節の可動域が健側の可動域角度の3/4以下に制限されているもの)

(4)下肢の変形傷害

後遺障害等級 後遺障害認定基準
7級10号 1下肢に偽関節を残し、著しい運動障害を残すもの
8級9号 1下肢に偽関節を残すもの
12級8号 長管骨に変形を残すもの

2 足指の後遺障害

足指について認定されうる後遺障害としては、以下のものがあります。

(1)足指の欠損障害

後遺障害等級 後遺障害認定基準
5級8号 両足の足指の全部を失ったもの
8級10号 1足の足指の全部を失ったもの
9級14号 1足の第1の足指(親指)を含み2以上の足指を失ったもの
10級9号 1足の第1の足指(親指)又は他の4の足指を失ったもの
12級11号 1足の第2の足指(人差し指)を失ったもの、第2の足指を含み2の足指を失ったもの又は第3の足指(中指)以下の3の足指を失ったもの
13級9号 1足の第3の足指(中指)以下の1又は2の足指を失ったもの

(2)足指の機能障害

後遺障害等級 後遺障害認定基準
7級11号 両足の足指の全部の用を廃したもの
9級15号 1足の足指の全部の用を廃したもの
11級9号 1足の第1の足指(親指)を含み2以上の足指の用を廃したもの
12級12号 1足の第1の足指(親指)又は他の4の足指の用を廃したもの
13級10号 1足の第2の足指(人差し指)の用を廃したもの、第2の足指(人差し指)を含み2の足指の用を廃したもの又は第3の足指(中指)以下の3の足指の用を廃したもの
14級8号 1足の第3の足指(中指)以下の1又は2の足指の用を廃したもの