加西の弁護士による交通事故相談
  • 0790-35-9160
  • お問い合わせ

後遺障害について

後遺障害の等級認定

1 後遺障害の等級について

交通事故による後遺障害は、介護を要する後遺障害を自賠法施行令別表第一の1~2級、その他の後遺障害を自賠法施行令別表第二の1~14段階に区分されています。

後遺障害の認定基準については、労災保険と同様に『労災補償障害認定必携(一般財団法人労災サポートセンター編著)』に準拠して行われていますが、その基準には、例えば「両目が失明したもの(1級1号)」のように客観的に明確なものもあれば、「局部に頑固な神経症状を残すもの(12級13号)」「局部に神経症状を残すもの(14級9号)」のように抽象的なものもあります。

「局部に頑固な神経症状を残すもの(12級13号)」の基準については、神経障害の存在が医学的に証明される場合をいい、「局部に神経症状を残すもの(14級9号)」の基準については、神経障害の存在は証明するまでにはいたらなくても、被害者の訴える症状の発生が医学的に説明(推定)できる場合がこれにあたるとされています。

2 むちうち損傷の後遺障害について

交通事故被害で多いむちうち損傷では、「局部に頑固な神経症状を残すもの(12級13号)」や、「局部に神経症状を残すもの(14級9号)」の認定を受けることができるかどうかが問題になります。

むちうちによる症状は、被害者本人にしか分からない症状、医師の目には見えない症状であることが多いため、どのような場合に医学的に証明あるいは説明できる場合にあたるかの判断が難しいケースといえます。

損害保険料算出機構では、詳細な内部基準を作成・適用しながら審査を行っているようですが、それらの内部基準は一般公開されていませんので、経験などから推測していくしかありません。

既に述べたとおり推測にもとづきますが、「局部に頑固な神経症状を残すもの(12級13号)」の認定を受けるに際しては、まずレントゲン、MRIの画像上で神経根の圧迫といった異常を確認することができることが不可欠だと思われます(画像所見があれば、それだけで12級13号の等級認定を受けることができるというわけではありません)。

一方、「局部に神経症状を残すもの(14級9号)」の認定を受けるに際しては、治療状況や通院状況が重要視されているように思われます。