加西の弁護士による交通事故相談
  • 0790-35-9160
  • お問い合わせ

後遺障害について

後遺障害等級とは?

後遺障害とは、症状固定となった後に残っている後遺症のうち、交通事故が原因であることが医学的に証明されるとともに労働能力の低下が認められ、さらにその程度が自賠責保険の等級に該当するものと定義されています。

したがって、事故の後に残った後遺症だとしても、上記の要件に当てはまらない場合は後遺障害には当てはまりません。

自賠責保険の適用がある交通事故では、損害保険料算出機構による後遺障害等級の認定制度があり、交通事故の損害賠償の実務では、自賠責の等級認定の結果にもとづいて賠償額が算定されています。

自賠責における認定も、労災保険と同様に『労災補償障害認定必携(一般財団法人労災サポートセンター編著)』に準拠して行われていますが、それぞれの制度の目的とするところが違うため、同じ後遺障害であっても、自賠責における認定と労災保険における認定では差が出ることもあります(労災保険では等級が認定されても、自賠責では認められないことがあります)

また、裁判所は必ずしも自賠責保険における等級認定結果に拘束されるわけではありませんが、自賠責保険における等級認定結果は裁判実務上、強い影響力を持っています。

後遺障害等級が認定される場合、後遺障害慰謝料や後遺障害逸失利益が損害の項目として認められることになり、損害賠償金の額が大きく変わります。

そして、後遺障害の等級の違いによっても、賠償金の額は大きく変わります。

用語の解説

後遺障害慰謝料

後遺障害慰謝料とは、交通事故によってケガを負い、治癒後も機能障害、運動障害、神経症状などの症状が残った場合に、そのこと自体に対して請求できる慰謝料のことを言います。

後遺障害逸失利益

後遺障害逸失利益とは、交通事故によって後遺障害(いわゆる後遺症)が生じなければ得られたはずの利益のことを言います。