加西の弁護士による交通事故相談
  • 0790-35-9160
  • お問い合わせ

交通事故解決のポイント

賠償金計算における3つの基準

交通事故の損害に対する賠償額の算定基準には、実務上「自賠責保険基準」「任意(保険)基準」「裁判所基準」の3種類があるとされています。

自賠責保険基準とは自動車賠償責任保険(以下、「自賠責保険」といいます)によって支払われる保険金の基準のことを指しますが、自賠責保険では最低限の保障を行うことを目的としているため、支払額は相当低く設定されています。

任意基準とは、各保険会社が自社で定めている支払基準で、保険会社との示談交渉において問題となります。保険会社が提示する示談書面には、よく「任意基準による」などと記載されていることがあります。このように「~基準」などと書面に記載されていますと、あたかも合理的な根拠のある金額のように思われがちですが、任意基準とは、各保険会社が都合良く定めた内部基準にすぎません。さすがに自賠責保険基準を下回ることは稀ですが、裁判所基準と比べるとかなり低く設定されています。

裁判所基準は、裁判所の判断の積み重ねにより認められてきた賠償額を目安として基準化されたもので、一般的に自賠責保険基準や任意保険基準と比べて高額になっています。

保険会社は、自賠責保険基準よりは高いものの、裁判所基準より大幅に低い独自の支払基準(任意基準)に基づいて示談金額を提示してきますので、保険会社に言われるままに示談をしてしまうと、大きな不利益を被る可能性があります。