加西の弁護士による交通事故相談
  • 0790-35-9160
  • お問い合わせ

解決事例詳細

支払額が1.4倍となる約1,826万円の増額に成功した事例

事例のポイント

10代男性 / 学生

交通事故の解決・増額

後遺症慰謝料2倍増、後遺症逸失利益1.3倍増を含む支払額が1.4倍となる約1,826万円の増額に成功

  保険会社提示金額 増額 弁護士介入後
入通院慰謝料 237 万円 1.4 334 万円
後遺症慰謝料 700 万円 2.0 1,400 万円
後遺症逸失利益 5,911 万円 1.3 7,604 万円
治療費など 441 万円 1.0 倍 456 万円
付添看護費 0 万円 103 万円
過失相殺 -2,187 万円   -2,969 万円
既払金 -409 万円   -409 万円
相手方保険会社支払額 4,693 万円 1.4 6,519 万円
 
人身傷害保険金   2,969 万円
 
合計支払額 4,693 万円 2.0 9,488 万円
後遺障害等級・死亡 5級2号
受傷状況 高次脳機能障害
過失割合 当方30:相手方70
事故状況 当方が自転車で路外から道路へ右折進入したところ、左方から直進してきた相手方自動車が接触

担当弁護士の解説

依頼者は事故当時未成年者であったことから、相談のためにご両親が来所されました。

通常自動車保険は事故が発生した場合に、被害を被った相手方への賠償を填補するために加入するものですが、契約者側に過失があり、相手方から賠償を受けることが出来ない場合について支払いを受けることが出来る人身傷害保険という特約が契約上付けられていることがあります。

ご両親は、事故に遭った本人が自転車に乗車していたことから、同居の家族が契約している自動車の人身傷害保険を利用することが出来る可能性について気付かず、加入する保険会社に依頼者が受けた事故の報告も行っておりませんでした。

本件については、事故態様から本人にも30%の過失が有ることは争いがない事故でしたので、被った損害のうち、30%に相当する部分については、相手方保険会社から過失相殺として減額されて支払いを受けることが出来ない状況でした。

法律相談において、当職がご両親が加入する自動車保険の人身傷害保険の特約が利用できる可能性があることをご指摘し、保険証書及び約款を確認した結果、依頼者の事故についてご両親の人身傷害保険から支払いを受けることが判明しました。

そして、弁護士が依頼を受けて相手方保険会社と交渉した結果、後遺症慰謝料2倍増、後遺症逸失利益1.3倍増を含む支払額が1.4倍となる約1,826万円の増額に成功いたしました。

以上の通り、弁護士が適切にアドバイスを行ったことにより当事者が気付いていなかった2,969万円もの人身傷害保険を受領することが出来たほか、弁護士の交渉により相手方保険会社から1,826万円の増額となる6,519万円の賠償を受け、合計9,488万円の支払いを受けることが出来ました。