加西の弁護士による交通事故相談
  • 0790-35-9160
  • お問い合わせ

解決事例詳細

支払額が2.2倍となる約2,208万円の増額に成功した事例

事例のポイント

70代女性 / 主婦

交通事故の解決・増額

将来介護費約791万円の獲得を含む支払額が2.2倍となる約2,208万円の増額に成功

  保険会社提示金額 増額 弁護士介入後
入通院慰謝料 219 万円 1.5 318 万円
休業損害 235 万円 1.6 384 万円
後遺症慰謝料 700 万円 2.0 1400 万円
後遺症逸失利益 971 万円 1.4 1404 万円
治療費など 1,523 万円 1.0 1537 万円
入院雑費 28 万円 1.4 38 万円
交通費 5 万円 1.0 5 万円
その他 11 万円 1.5 16 万円
将来介護費 0 万円 791 万円
和解調整金 0 万円 7 万円
既払金 -1,800 万円 -1,800 万円
 
支払額 1,892 万円 2.2 4,100 万円
後遺障害等級・死亡 5級2号
受傷状況 高次脳機能障害(神経系統の機能又は精神に著しい障害を残し、特に軽易な労務以外の労務に服することができないもの)
過失割合 当方0:相手方100

担当弁護士の解説

保険会社は当初、裁判基準の半分に過ぎない後遺障害慰謝料を提示し、また、休業損害、後遺障害逸失利益などについても低い金額を提示していました。そして、将来介護費(将来における介護にかかる費用)についてはなんらの金銭提示もありませんでした。

将来介護費については、特に後遺障害3級といった極めて重いケースに認められることが多いもので、本件のような5級の認定を受けたケースでは裁判上当然に認められるものではありませんでしたが、弁護士が介入して交渉した結果、平均余命まで1日あたり2,000円で計算した将来介護費を獲得することができました。

以上の通り、将来介護費約791万円の獲得のほか、入通院慰謝料の1.5倍増、休業損害の1.6倍増、後遺障害慰謝料の2倍増、後遺障害逸失利益の1.4倍増を含む支払額が2.2倍となる約2,208万円の増額に成功いたしました。