加西の弁護士による交通事故相談
  • 0790-35-9160
  • お問い合わせ

解決事例詳細

支払額が2.4倍となる約720万円の増額に成功した事例

事例のポイント

70代女性 / 主婦

交通事故の解決・増額

保険会社から申立てられた民事調停において、支払額が2.4倍となる約720万円の増額に成功

  保険会社提示金額 増額 弁護士介入後
入通院慰謝料 173 万円    
休業損害 461 万円
後遺症慰謝料 100 万円
後遺症逸失利益 250 万円
治療費など 805 万円
既払金 -1,259 万円
支払額 530 万円 2.4 1,250 万円
後遺障害等級・死亡 併合12級(12級5号、12級9号)
受傷状況 右股関節運動時痛、左多発肋骨々折
過失割合 当方0:相手方100
事故状況 センターラインを越えてきた相手側車両が対向車の当方車両に衝突

担当弁護士の解説

保険会社は、依頼者との示談交渉が難航したことから、民事調停の申立てを行ってきました。
そこで、弁護士が調停手続の委任を受けて交渉したところ、支払額が2.4倍となる約720万円の増額に成功いたしました。