• 0790-35-9160受付時間 平日9:00~18:00
  • まずはお問い合わせ下さい
  • お問い合わせ

被害者が被害弁償の受取を拒否している場合に、被害弁償をすることはできないのでしょうか。

被害者と示談が成立しない場合

被害者と示談金の折り合いがつかず、示談が成立しない場合でも、示談を放棄するのは得策ではありません。
捜査中の場合は、検察官が処分を決める前の示談を目指して弁護士と活動しましょう。検察官も、双方の示談を希望している場合もあるので、弁護士が検察官に連絡して、被害者を説得してもらうよう交渉することも可能です。

被害者が示談金を受け取ってくれない場合

被害者と示談が成立しない場合、被害者が示談金の受け取りを拒否するケースが見受けられます。そのような場合の対応として、「供託(きょうたく)」をすることが考えられます。
供託は、加害者側が支払える額の示談金を法務局に預け、被害者が受け取れる状態にしておくことで、被害者に弁償したのと同じ効果を発生させる制度のことをいいます。

また、長い時間をかけて示談交渉の努力をしたが折り合いがつかないような場合は、示談交渉の経過を報告書にして裁判所に提出することで、示談に向けた努力を裁判所に示すことが可能です。

示談ができない場合の損害賠償

示談ができなかったとしても、損害賠償ができるならばすることをお勧めします。
たとえ示談が成立しなくても、損害賠償した事実は裁判所に有利に考慮してもらえますし、検察官が損害賠償したことを理由に起訴をしないこともあります。
また、被害の弁償をしたことで、将来的に被害者から民事裁判を起こされる可能性が低まります。

法律相談予約受付中
  • 0790-35-9160
  • お問い合わせ