• 0790-35-9160受付時間 平日9:00~18:00
  • まずはお問い合わせ下さい
  • お問い合わせ

被害届を取り下げてもらうにはどうしたらいいですか?

被害届を出された場合

被害届は、被害者等が犯罪の被害にあったということを警察に申告するもので、警察が捜査を始めるきっかけになるものです。
そこで、被害届をだされても、必ず逮捕されるというわけではありませんし、前科がつくというわけではありません。
逆にいえば、被害届が取り下げられたからといって、必ず逮捕をしないという法律はなく、また、絶対に今後裁判にならないという効果があるものでもありません。
しかし、被害届の取り下げは、被害者の被害感情が和らいだことを示すので、警察としては事件として立件する必要性が乏しくなると考えられ、事実上逮捕を回避できる場合があるのです。

被害届を取り下げてもらうには

仮に、真実犯罪を行ってしまい、かけられている容疑に間違いがない場合は、被害者に対して早急に謝罪と賠償を尽くし、示談に応じてもらうことで、被害届を取り下げてもらえる場合があります。
しかし、被害者の中には、加害者側と直接連絡をとることを拒む方も少なくありませんし、加害者側としても誤りたくても被害者の連絡先を知らない場合もあります。

このような場合は、弁護士が間に入り交渉をすることによって、被害届の取り下げに応じてもらえる場合があります。

被害届の取り下げはいつまでか

被害届の取り下げに期限はありませんが、できるだけ早いに越したことはありません。
被害届が逮捕前に取り下げられていれば、警察としては逮捕する可能性が低くなったと考えるので、逮捕の可能性は低くなります。また、検察官が事件を起訴する前に被害届が取り下げられれば、起訴がされなくなり前科が付かない可能性が高まります。
従って、被害届の取り下げは、早いほどよいといえるでしょう。

法律相談予約受付中
  • 0790-35-9160
  • お問い合わせ