• 0790-35-9160受付時間 平日9:00~18:00
  • まずはお問い合わせ下さい
  • お問い合わせ

告訴を取り消してもらうことはできますか?

告訴された場合

告訴とは、被害者が、何らかの犯罪の被害を受けたこと、そして犯人の処罰を求める旨を警察などに報告するものです。
告訴の取り消しは、強姦罪や強制わいせつ罪、器物損壊罪など、告訴がなければ基礎ができない犯罪類型である親告罪において特に重要な意味を持っています。

親告罪の事件で、検察官が起訴する前に告訴が取り消された場合は、検察官は起訴ができないので刑事裁判が開かれることはなく、前科が付くこともありません。
また、起訴ができないために逮捕する必要がないとして、逮捕回避につなげることができます。

親告罪でない事件の場合は、告訴が取り消されたら逮捕できないという法律の決まりはなく、必ず不起訴になるとも限りません。しかし、告訴の取り消しは、被害者が刑事処罰を強く望んでいないことを示すので、逮捕や起訴の可能性を下げることが可能です。

告訴を取り消してもらうには

仮に、真実犯罪を行ってしまい、告訴された場合には、被害者に対して謝罪と賠償を尽くして示談に応じてもらい、告訴を取り消してもらうように努力することが重要です。
しかし、加害者側が被害者の連絡先を知るということ自体難しく、また、被害者の意図を無視して示談を迫ると、脅しと捉えられて逆効果になってしまいます。

告訴の取り消しはいつまでか

告訴は、検察官が起訴する前まで取り消すことができると法律で定められています。
検察官が一度事件を起訴してしまうと、告訴を取り消すことは不可能です。仮に、起訴後に示談が成立し、被害者が告訴と取り消しを承諾したとしても、検察官の起訴が取り消されて裁判が中止されることはありません。言い渡された判決で有罪とされれば、前科がつくことになります。
それだけに、起訴前までに告訴を取り消してもらうことは非常に大きな意味を持っています。

法律相談予約受付中
  • 0790-35-9160
  • お問い合わせ