• 0790-35-9160受付時間 平日9:00~18:00
  • まずはお問い合わせ下さい
  • お問い合わせ

労働審判とはなんですか?

労働審判とは

労働審判とは、平成18年4月1日より新しく始まった、裁判所の行う紛争解決手続の一つです。

労働審判の主な特徴は、以下の3点です。

  • 早期に解決できる(申立から終結まで平均75日です)。
  • 柔軟な解決ができる(申立の約88%が金銭等による和解的解決です)。
  • 簡易な手続でできる(提出書面は原則として申立書、答弁書のみです)。

労働審判のケース

労働審判は、解雇や残業代請求などの労働紛争について、裁判官1名と労働関係の専門的知識・経験を持つ労働審判員2名で構成される労働審判委員会で審理されます。
原則として3回以内の期日で事件を審理し合意による解決(調停)が試みられ、合意に至らない場合には、審判という形で労働審判委員会の結論が言い渡されます。

具体的には、会社から不当解雇された際にその無効を確認したり、サービス残業について時間外割増賃金を請求する場合などが対象となり、現在、このような事案の多くが労働審判によって解決されています。

法律相談予約受付中
  • 0790-35-9160
  • お問い合わせ