• 0790-35-9160受付時間 平日9:00~18:00
  • まずはお問い合わせ下さい
  • お問い合わせ

後見人の行為がおかしい場合、どうしたらいいですか?

成年後見人の不正な行為に対しては

成年後見人が、その職務に反して不正な行為をしたり、権限を濫用した場合には、本人や親族は、家庭裁判所に対して、成年後見人の解任を申し立てることができます。
また、成年後見人の仕事を監督する「成年後見監督人」の選任を家庭裁判所に申し立てることも可能です。
成年後見監督人は、後見人の仕事が正しく行なわれていない場合には、助言や指示をするほか、家庭裁判所に対して、自ら解任の申立てをすることが可能です。

法律相談予約受付中
  • 0790-35-9160
  • お問い合わせ