• 0790-35-9160受付時間 平日9:00~18:00
  • まずはお問い合わせ下さい
  • お問い合わせ

先物取引とはなんですか?

先物取引とは

先物取引とは、先物取引とは、商品を、未来の決められた日に、現時点で取り決めた価格で取引をする売買契約のことをいいます。現時点である物ではなく、先の物を取引することに特徴があり、簡単にいうと予約取引に当たります。
先物取引は、商品の受け渡しをすることなく決済が行われるため、商品の現物を必要としない一般の人でも取引を行うことが可能です。そのため、先物取引業者は一般の人に対して投資目的での取引を勧誘しています。

先物取引の危険性

先物取引は、取引金額の5%から10%程度の「証拠金」と呼ばれるお金で取引を行うことができます。そのため、実際に取引を行う金額は、証拠金の額に比べて高額となります。
また、代金を決める対象となる数量の単位に比べ、実際に行われる取引の数量の単位の方が遙かに多いため、わずかな値動きでも多額の売買の損益につながるという特徴があります。
さらに、先物取引の仕組みは複雑で、取引手法や損益計算方法を一般の人が理解することは難しいと言えるでしょう。商品先物市場の価格は激しく変動しますが、価格変動に与える要因は、為替、天候、商品が存在する国の情勢など複雑多岐にわたり、一般の人が価格変動を的確に予測することは、ほとんど無理ということができます。
このように、先物取引は、非常に投機性の高い取引であると同時に、特に経験のない一般の人が参加した場合は、短期間で高額の損害を被る可能性の高い取引ということができます。

法律相談予約受付中
  • 0790-35-9160
  • お問い合わせ